【開発チームより】検索トレンドと食材の『旬』の関係

こんにちは、サーチテクノロジーセンタージャパンの横井です。
もうすっかり秋ですね。
今回は「検索エンジンの『旬』と食べ物の『旬』に関係があるか」というテーマで実験をしてみました!

お題として、一見、旬がいつかはっきりとはわからない以下の6種類の食材を使用します。

● カリフラワー
● 
カワハギ
● 
サワラ
● 
クルミ
● 
ヒジキ
● 
シャコ

これらの食材名をそのままクエリとして用いた、過去一年間の毎月の検索回数を用いて、もっとも検索されている月を1として標準化したのが以下のグラフです。
また、グラフの上に同色で実際の旬にラインを引いてみました。

search query comparison

カリフラワーのように検索回数に明らかに差が出ているものから、シャコのように大きな違いがでないものまで様々ですが、概ね検索回数が最大の月、もしくはその1~2か月後に実際の旬が来ていることがわかります。つまり、検索回数と『旬』の時期は、完全に一致するわけではないものの、密接に関係があるのです。

今回は食材そのものを用いましたが、「食材+レシピ」など、より広く見てみるとさらに気づきがあるかもしれません。
このような「検索に使われるデータで遊んでみた」シリーズも今後いろいろ載せていきたいと思います。

よこい

Share on twitter Share on facebook Share on linkedin Share on linkedin