開けないファイルがあるときはBingがお助け!

私は、マイクロソフトの開発部門であるマイクロソフトディベロップメント株式会社にてインターンシップに参加させていただいている、M・Hです。今回は、私がインターンシップ期間中に企画・設計・実装まで行った機能の紹介をさせていただきたいと思います。

さて、皆さんは、ファイルが開けなくて困ったことはありませんか?そんな時はBingで検索をすると答えが返ってくるかもしれません。

通常、ファイルの末尾には「拡張子」と呼ばれる文字列がついています。初期設定では非表示にされているために見ることができませんが、設定を変えると<ファイル名>(ドット)<拡張子名>のように表示されます。または、そのファイルを開けるプログラムが決められていない時にも、そのように表示されます。例えば、標準的なテキストファイルにおいてはtxtが拡張子に該当します。

blog image

ファイルをどのプログラムで開けばよいか分からない時、その拡張子をBingで検索してみましょう。頻繁に検索される拡張子に対して、Bingが答えを教えてくれます。画像は、xlsxという拡張子を検索した時の検索結果です。xlsxという拡張子がついたファイルは、マイクロソフトが提供するExcel (2007以降)で利用される表計算用ファイルであることが分かります。そしてさらに、すぐ下のボタンで「Microsoft Excel」をその場で検索することができます。これでプログラムを探す面倒がなくなりますね!また、ファイルを開くプログラムの関連付けの仕方を説明したリンクも合わせて表示しています。ぜひ使ってみてください。

 
Share on twitter Share on facebook Share on linkedin Share on linkedin