マイクロソフトディベロップメント 2012年サマーインターンシップ活動報告

皆さん、こんにちは。

今回はBing開発チームより、今年の夏から秋にかけて行われた
我々のサマーインターンの活動についてご紹介させていただきます。
検索エンジンに興味がある学生の方をはじめ、
ソフトウェア・サービスの開発に興味がある方の参考になれば幸いです。


マイクロソフトディベロップメント株式会社のインターンシップについて

マイクロソフトディベロップメント株式会社(以下MSD)では、2009年よりインターンシップを実施しています。
本インターンシップは、日本においては比較的長い、2ヶ月というまとまった期間で行われます。

我々はインターンシップを非常に重要な機会と考えており、
インターンシップを通して学生の方々に実際の仕事を体験してもらい、
マイクロソフトでの開発とはどのようなものなのかを深く理解してもらいたいと考えています。

また学生の方々にとっても、まとまった期間を設け、社員と分け隔てなく仕事をすることで、
実際の仕事を実際の環境で体験できる貴重な機会と感じていただけるよう努めています。
それらのためには、2ヶ月という期間は必要であるというのが我々の考えです。

すでに米国において、マイクロソフトのインターンシップは学生の非常に良い成長の機会であり、
たいへん競争率の激しいプログラムとなっています。
日本においても、MSDのインターンシップを経験することで、
学生の方々に大きく成長を感じていただけるよう拡充を図っていきたいと考えています。
Bing開発チームも、わくわくする、影響力の強い、達成感を感じられるプロジェクトを用意し、
インターンの方々の参加をお待ちしています。

次回より2回にわたり、実際にこの夏にBing開発チームでインターンシップを経験した
お二人の体験談をご紹介させていただきます。
日本において我々がどのようにBingの開発を行っているのか、
我々Bing開発チームがインターンシップをどのように考えているのか、
またMSDおよびBing開発チームのインターンにご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ彼らの体験談を読んでいただければと思います。

またインターンに関するご質問等ございましたら、
Bing Japan公式Facebookアカウントまでメッセージをいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

それでは次回からの、インターンシップを体験したお二人からの「生の声」をお楽しみに!

サーチテクノロジーセンタージャパン (Bing開発チーム)

Share on twitter Share on facebook Share on linkedin Share on linkedin